安曇野市の猫が施術してくれる?!整体院

猫カフェやニャンズが看板猫になってるお店は多々ありますが、今回ご紹介するのは整体院。
なんとニャンズと触れ合うことができ、さらには施術のお手伝いまで?

安曇野市にある完全予約制の整体院「キュベレイ」(http://www.cybele.bz/)さん
猫、ではなく猫スタッフは7匹。
ちゃんとホームページでも自己紹介があります。
オフィシャルのツイッターからいくつか投稿を見てみましょう。

まずは自己PR。
鳴き声にも個性がありますね。
ホームページの紹介文とあわせて見るとおもしろい。

ほら、施術してますよ。

なかには接客しない子たちも。
でも可愛いですね。

ペットと台風に備える

今年も大きな台風が来はじめています。
人間への被害はもちろんですが、ペットも台風から影響を受けるので気遣いを。

強風のなかで屋外で飼われていると飛ばされてしまう事もあるでしょう。
家の中に入れてあげて下さい。

そして、犬や猫も大雨や強風の音等で怖がるはずです。
でも、飼い主が不案内態度をとることはペットにも伝わります。まずは飼い主が落ちつく事が必要ですね。

「【獣医師からの健康注意点】台風をこわがる犬・猫 まずは飼い主さんが落ち着こう!」

決して慌てないで、大声で指示したり、叱ったりしないでください。特にお子さんが叫んだり騒いだりすると、ペットは興奮し動揺します。

環境省もペットの災害対策として上記のような案内を示していますが、特に下記は事前準備として大切ではないでしょうか。

「環境省_ペットの災害対策」

・住宅の災害対策や、フード、トイレシートなどのペットの避難セットの準備を
・ペットの受入れ対応を含め、事前に避難場所の確認を

とはいえ、なかなかペットを受け入れてくれる避難所は少ないようです。
公益社団法人動物福祉協会と日本獣医生命科学大学との共同調査「台風19号に伴うペット同行避難に関する調査」

災害時のペットに関するガイドラインのある自治体は9~43%と半数以下であり、その中でもペット同行避難に関する記載があった自治体も30~100%とばらつきが見られた。指定避難所でペット同行避難許可は37~93%で、ペットと同行避難できる避難所を設置した自治体は22~86%であった。

自治体にも検討とホームページへの記載などで住民への案内は日頃から行って欲しいですね。
万ペットサービスのある佐久市について調べてみました。
「ペットとともに災害の備えをしましょう!」
準備等については詳しく案内されてますが、「ペットの一時預かり先を確保しましたか?」とありますし、避難所に関しては触れられていません。自分で準備しましょうということのようですね。

8月26日は米国「National Dog Day」

8月26日はアメリカの「犬の日」だったそうで、セレブたちが愛犬との写真をインスタグラムに投稿していて、だれがどんな犬種と暮らしているのかよくわかりますよ。

「ナタリー・ポートマン、クリス・エヴァンス、シャーリーズ・セロンら愛犬家セレブたちが「犬の日」を祝福!」

もちろん一般の人も #happynationaldogday というハッシュタグをつけて投稿しているので検索してみて下さいね。
このページの下にいくつか紹介しておきます。

「犬の日って知ってる?犬の日の由来・記念日に愛犬にしてあげたいこと」

8月26日に制定されたNational Dog Dayは、アメリカにおける「犬の日」で、警察犬や救助犬・盲導犬など、人間の生活をサポートしてくれる犬たちをはじめ、たくさんの癒しや喜びを私たちに与えてくれる全ての犬たちに感謝する日として制定されています。 この日、アメリカでは各地で保護犬の譲渡会やチャリティーイベントなどが開催されます。

日本の「犬の日」は11月1日です。
インスタグラムをやっている方は愛犬とのラブラブな写真を投稿しましょう。

この投稿をInstagramで見る

#happynationaldogday #fudje #bestfriends #bestdogever

yarden afner(@yarden_afner)がシェアした投稿 –

梓川SA下りのドッグラン

高速道路のサービスエリアにドッグランを併設しているところが増えてきています。
愛犬だって長時間ドライブの合間に外に出て休憩したいことでしょう。
さらに走り回れれば最高です。
梓川SAといえば、人気の観光地松本ICと安曇野ICの間で北アルプスの眺望を楽しめるし、スマートICもそなえているので便利なサービスエリアではないでしょうか。
そこにドッグランがあります。

「長野自動車道・梓川SA(下り)はのどかな風景の中に設置された自然溢れる施設【高速道路SA・PAドッグラン探訪】」

全面芝生のドッグランは、広さが360㎡あり、小型犬用と大・中型犬用エリアに分かれています。エリア内には木も植えられていて、暑い季節には木陰も期待でき、心地よさそう。

とても丁寧なレポートで様子がよく分かります。
高速道路のオフィシャルホームページでもこんなに詳しくは紹介されているので助かります。
なお、利用に関してはNEXCO中日本のドッグラン利用規程がありますので理解した上で利用するようにしましょう。

また長野県内で他にドッグランの施設があるのは、上信越道上りと下りの佐久平PA、小布施PAのようです。

軽井沢在住馳星周さんの『少年と犬』

軽井沢在住の小説家馳星周さんが『少年と犬』という本で直木賞を受賞されました。
馳星周さんの愛犬がバーニーズマウンテンドッグだというのは軽井沢界隈では有名です。
軽井沢でバーニーズマウンテンドッグを連れて歩いてる強面の男性がいたら、もしかしたら馳星周さんかもしれません。

「<馳星周インタビュー>犬を愛するすべての人に贈る感涙作」

震災から半年後の仙台で多聞をまず拾ったのは、家族のために犯罪に手を染めることになった、中垣和正だ(「男と犬」)。やがて窃盗団の一員である外国人と新潟へ(「泥棒と犬」)、さらに富山、滋賀、島根へと犬と人との物語は進む。

東日本大震災で飼い主を失った犬が日本縦断する旅で出会う物語なんですね。
311や昨今の新型コロナウイルスに思うこともあったようですが、次の愛犬家としての言葉はわれわれ犬を家族としているものとしても興味をいだかせます。

ある翻訳ミステリーを読んでいたところ、どうしても作中の犬の行動原理が作者の都合のいい解釈にしか思えなくて……だったら自分の納得がいくものを書いてみよう、と